人気ブログランキング |

先週末の嵐は、いったい何だったのでしょう。我が家の小鉢たちは、ひとたまりもありませんでした。実生黒松は、鉢の軽さが災いしてか、鉢が行方不明?になり、巻根が剥き出しになっていました。皆様の所は、無事だったでしょうか。明日から、また荒れ模様の天気予報です。今年は春が遠い感じです。
 写真は、1月28日に訪れた国営昭和記念公園の様子です。盆栽がたくさんあり、まだまだ紹介しきれません。どれを見てもりっぱなので、すごいなぁ~としか言えません。
 写真上から、姫しゃら、五葉松、山柿、真柏です。
b0067795_21445556.jpg

b0067795_21451216.jpg

b0067795_21453811.jpg

b0067795_21455392.jpg

by kurosakih | 2008-02-26 21:53 | 盆栽展 | Comments(2)

ケヤキの植替え

冬の谷間か、春の訪れが、わかりませんが、昨日は暖かな一日でした。今朝も荒れてこないうちにと、大急ぎで準備していたケヤキの植替えを行いました。(今は既に暴風雨)
 写真は、土を落とした状態。わずか1年ですが、畑で育てた時代の影響か、渦巻き状に太根が伸びてしまいました。(昨年の状態は、こちら
b0067795_113450100.jpg

 この写真は根を詰めた状態。底根もコブのように発達したので削りました。
b0067795_11345960.jpg

 次ぎの写真が植替え後の上からみた様子。箒立ちの基本となる三幹から二本ずつの枝分かれ。枝の角度も良く、まずまずの出来です。切断傷の肉巻きも、今年中には塞がりそうです。
b0067795_1135997.jpg

 最後の写真は、植替え後の様子。鉢は、当選したおめでたい鉢。今年の成長が楽しみです。また、シリーズでご紹介します。
b0067795_11352250.jpg

by kurosakih | 2008-02-23 11:41 | ケヤキの成長方程式Ⅰ | Comments(2)

二十四節気・雨水

今日は、二十四節気の「雨水」。雪から雨に変わる季節とか。今日は、暦どおりに雪は止み、晴れ間が見えました。
 仕事から帰ると「警察から電話があったよ」とか。「何か事件でも?」と不安に思いながら電話すると、「盗難届けの出されていました自転車が、発見されました」との朗報。昨年の春に長男が駅から高校まで使っていた自転車が盗まれ、すっかりあきらめていたのですが。パンクして捨てられたようです。「地震があってから多いんだよね」との警察の人の言葉に、何か、こんな田舎に住んでいながらも、残念な気持ちになります。
 写真は、雪景色の「はぜ」。冬にホームセンターで購入したお値段は「100円」。かわいそうに鉢の価格にもなりません。「春になったら植替えしてやってください」とのお店の方の言葉。もちろん、責任をもって「捨てずに」育てますよ、安心してください。
b0067795_21504767.jpg

by kurosakih | 2008-02-19 21:52 | 二十四節気 | Comments(0)

猛烈な寒さと嵐。あの三連休の穏やかさが不思議なくらいです。週末には植替えも始めようかと思っていたのに、この寒さでは無理ですね。
 中三の次男は受験勉強の真っ最中。ときどきおかしな?発言をするのもプレッシャーの表れか。「医者になりたい!」と言い出した・・・。以前は、テレビゲームを作る会社の人に憧れていたのに。風邪気味だったので、熱に浮かされたか。まあ、まず高校に合格してからの話ですが。
 私の夢は、ブログでも書きましたが盆栽苑を開くことです。名前は決まっていて「米山しきぶ苑」。先日訪れた国営昭和記念公園の盆栽苑(下写真)が、まさにイメージピッタリで。(もちろん、こんなにトップクラスの盆栽は絶対に展示できませんが)
 場所は、柏崎の北国街道の道沿いに。近所の愛好家の皆さんが、自慢の盆栽を持ち寄って、好きな場所に展示します。季節ごとに自由に入れ替えます。街の皆さんも、それを楽しみに訪れます。その中には、私のムラサキシキブも。
 私も次男の熱がうつったかな・・・・ゴホッ、ゴホッ。
b0067795_22191587.jpg
b0067795_22192699.jpg
b0067795_22193637.jpg

by kurosakih | 2008-02-15 22:33 | 盆栽展 | Comments(6)

冬の三連休、皆様は、いかがお過ごしでしたでしょうか。関西や関東でも雪が降ったとかで大変だったようですね。お陰様で?逆に新潟は春を思わせるような暖かく穏やかな休日でした。
 さて、写真は先日ご紹介した国営昭和記念公園の様子です。ここは、盆栽苑です。国内トップクラスの大型盆栽がずらりとあって、本物はすごいです。皆様もご覧ください。(撮影は係りの人の許可をいただいています)
(盆栽は上から、カリン、そなれ、姫しゃら、五葉松です)続きは、また後で
b0067795_2154854.jpgb0067795_215592.jpg









b0067795_21135623.jpg
b0067795_21141191.jpg
b0067795_21142318.jpg
b0067795_21143251.jpg

by kurosakih | 2008-02-11 21:19 | 盆栽展 | Comments(0)

もう白根が~ケヤキ~

冬の三連休は、雪も解け穏やかな陽気でスタートしました。久しぶりに庭を覗いてみると、ケヤキの鉢底から早くも白根が出ていました。(写真左)
 冬の間、枝をグルグル縛りにしていたものを解いてやりました。(写真右)
春には、蓄えたエネルギーが一気に芽吹きに使われるため、不要な枝はこの時期に剪定します。(写真下)もちろん、晩秋に行ってもいいのですが、新潟は雪や季節風で枝が痛むので、長い枝のままグルグル縛りにして冬越しをします。
 1年かけて作った枝を剪定するのは、盆栽を始めた頃は、もったいなくて、なかなか切れなかったのですが、残してもおいても、結局、5月頃にやっぱり切らなくてはならなくなるので、芽吹きのエネルギーを無駄にしないよう、この時期に剪定してやります。これでケヤキの三幹の箒作りの基礎ができました。今年は、ここからスタートします。白根の具合から、来週にはもう新鉢に植替えできそうです。
b0067795_10574941.jpgb0067795_1058091.jpg













b0067795_10581838.jpg

by kurosakih | 2008-02-09 11:08 | ケヤキの成長方程式Ⅰ | Comments(2)

2月4日発売の月刊「近代盆栽」3月号の46ページに、恥ずかしいのですが、私の盆栽イラストが載りました!アンケートに答えたものですが、ハガキに3cmくらいの大きさで、ビールを飲みながら気軽に書いたもので、掲載されるくらいなら、もっとマジメに書けば良かったと反省しています。五葉松の改作構想を選ぶものですが、(本文を読まれると分かるのですが)内容的には、(当然ですが)優秀作ではなく、選外だったのです。
 皆さんも、本屋さんで立ち読み?してください。
b0067795_22455573.jpg

by kurosakih | 2008-02-07 22:48 | Comments(7)

今日は「二十四節気」の立春。明け方や夕暮れが少しずつ明るくなってきた実感があります。
写真は、我が家の盆栽畑です。ここから毎年、盆栽の卵たちを鉢上げします。太いのもあれば、細いうちに堀上げるものもあります。同期生でも1年遅れるものもあります。特に順番はなく、私の好みだけです。ここから、エゴノキケヤキブナ夏椿が巣立ちました。
今春は、どれにしましょうか。今は雪の中ですが、春が待ち遠しい、わくわくする時期です。
b0067795_18535263.jpg

by kurosakih | 2008-02-04 18:57 | 二十四節気 | Comments(2)

節分・「種」まき?

今日は節分。朝からチラチラと雪が舞っています。東京も雪ですとか。
さて、昨春に蒔いた黒松実生の話題に、お問合せがありましたので。
写真上は、今年の11月に採取した黒松の松ボックリです。ご覧のように松傘の隙間に、羽の付いた黒松の種が挟まっています。これをパラパラと震い落とすと、モミジのような種が落ちてきます。(写真下)これを春のお彼岸頃まで保存します。(冷蔵などの特段の保存方法はしません。寒い縁側の廊下にビニル袋に入れたままです。)
 まだ種をお持ちでない皆さんは、今からでも黒松のある公園で、松ボックリの付いた木を探してみてください。1個の松ボックリから20~30粒の種が取れるはずです。春までたっぷりと時間がありますよ。私も今年は「雀の被害」に合わないよう、ネットをかぶせる予定ですが。
b0067795_12442421.jpg
b0067795_12443230.jpg

by kurosakih | 2008-02-03 12:47 | 黒松実生 | Comments(0)