暑中お見舞い申しあげます。文字にするのも暑さを感じそうですね。
最近「佐渡見平」の草取りにはまっていて、ブログ更新がおろそかになりました。先日、お客様にその話をしたところ「海が背景に見えるコスモス畑は珍しい。まだ見たことが無い。きっと話題になりますよ。」とエールをいただいた。私も毎年、コスモス畑の手入れをしていますが、「今年はどんな風に咲くのか」いつも楽しみです。「誰も見たことが無いものを見たい」先日、TVで放映していた洞窟探検家の心境です。例年9月20日頃が花の見頃ですので、ご期待ください。
 もう一つ話題を。先日ご紹介した下の絵がついにコンテストに入選・・・じゃなくて「日本商工会議所小規模事業者持続化補助金」に採択されました。こちらのHPページの「北陸信越」の2ページ目です。「誰も見たことが無い」絵が「誰もが見られる」本物に実現しそうです。こちらも、ご期待ください。
b0067795_11405204.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-07-20 05:43 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

二軒並べば街になる

 GW後半は、あいにくの雨模様となりました。「もく」は木曜日はお休み。毎週、金、土、日曜日の営業です。
 草刈や外仕事もできず、家に籠りっぱなし。「晴耕雨読」と言われるように、こんな日は家で「もく」の将来構想を練るには良い日です。
ようやくスタートした「上(かみ)の蔵・再生計画のためのイメージ図を描いて。絵は得意なんでしょ?」と妻に頼まれ、子供たちが残した画用紙とマーカーペンで、好きだった頃の小学生のような絵を描いてみました。
 「海辺のキッチン倶楽部もく」の隣の上の蔵には、「(仮)ギャラリーMoKu」を作ります。地元の皆さんの写真、手芸、盆栽、活け花などの作品を展示したり、ギャラリーとして作家さん達から使ってもらえたら、うれしいですね。
 東京の三軒茶屋は有名ですが、京都には「二軒茶屋」という街があるそうで、昔、二軒並んだ茶屋から、少しずつ街が発展してできたそうです。一軒では「店」ですが、「二軒並べば街になる」。「もく」の合言葉です。
b0067795_11405204.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-05-03 11:42 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

 上(かみ)の蔵・再生への道(第2話)は、西側外壁の下見板の張り替え工事が完了しました。本格的な冬を目前にして、痛んでペラペラ穴だらけだった下見板を全面的に張り替えしました。といっても、近所の工務店さんに工事を発注したのですが、昔ながらの杉板で下側から順に張っていき、上へ板を重ねて昇って行きます。風雨に強い構造なんだそうです。蔵は、この雨屋の中にあるので、外見からは蔵だとは思えません。皆さん、納屋ですかとおっしゃいます。これからも、上の蔵の再生工事は、少しずつですが進めていく予定です。
 営業は11月10日~20日までお休みでした。23日(祝)から特別営業しました。この4日間、大変な嵐でしたが、ご来店いただきました皆様、大変、ありがとうございました。「もく」は、冬期間も営業を続けます。金、土、日の毎週3日間だけの営業です。ご予約いただければ幸いです。忘年会は曜日に関係なく承っています。ご予約は黒崎(0257)31-1023まで。

b0067795_20544323.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-11-26 20:59 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

 また、新たなプロジェクトが始まります。「もく」には2つの蔵があり、正面右の蔵を「下(しも)の蔵」と言い、現在、「もく」を営業しています。左の蔵(上かみの蔵)は、これまで物置として使用してきましたが、新たな用途として再生することにしました。何に生まれ変わるのかは、これからのお楽しみ・・
 今日は、そのプロジェクト第1話として、上の蔵の入口にあった花壇を2つに分け、真ん中を通路に変える工事を手作業でやりました。ボタンやシャクヤクを左右に移植して中央を広げ、花壇まわりの石組みを直したところ、巨大な石が出てきたので、掘り起しました。通路が完成するまでは、車止めとして使いましょうか。
b0067795_21484703.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-10-21 21:51 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)