カテゴリ:海の笠島( 35 )

海開き

 7月1日は「笠島海水浴場海開き」でした。絶好の晴天とベタ凪で、こんな日は珍しいです。
写真は、上から「弁天岩から十二川河口」の眺め。これはTVドラマ「高校教師」のエンディングロールに使われた風景です。海が透明で魚がたくさんいそう。
b0067795_20270370.jpg
 
2枚目は「コスモス畑・佐渡見平」からの眺め。コスモスは順調に育っています。佐渡がくっきり。
b0067795_20272811.jpg
 最後は笠島漁港の夕焼け。明日も暑くなりそうですね。
b0067795_20280975.jpg



[PR]
by kurosakiH | 2018-07-02 20:29 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

真鯛71㎝、4.4kg

 笠島の沖には鯛の産卵場があり、昔から柏崎は県内有数の鯛の水揚げ量を誇っています。私が子供の頃は、笠島でも鯛専門の漁師さんの船が何艘もありましたが、今は専門で獲る漁師さんはいません。GWが明けると一気に真鯛やヒラメといった高級魚の産卵期で、私が釣りができる浅場へも近寄ってきます。釣り師の言葉で「乗っ込み」と呼んでいます。
 写真は今朝の獲物です。71㎝、4.4kgの大鯛です。自己記録には及びませんでしたが、鯛としてはベスト2の記録です。お祝いに妻が魚の計測用メジャーをプレゼントしてくれました。次回は記録更新ですね。
b0067795_19311215.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-05-15 19:32 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

 今日(12日)は「弁天様の例祭」で、「もく」はお休みでした
それで、1日中、「佐渡見平」の草刈でした。無事、第1回目の草刈が終了しました。
早くも3~4cmのコスモスが芽を出し始めました。これからの成長が楽しみです。
 写真は昨日釣った62cmのワラサ(ブリ)。明日「もく」にご来店の方は、ランチはブリかつ丼ですね。
b0067795_16130385.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-05-12 16:15 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

藻屑

 穏やかな土曜日で、朝から釣り人が笠島海岸を訪れています。私も6時に海へ行き、釣れないので7時には帰ってきました。でも、穏やかな水面と朝日を見ているだけで、気持ちも穏やかになります。 
 写真は、海中に生えているモクです。お店の「もく」の由来になった海藻です。妻が「海藻喫茶を開きたい」と言って始めた「もく」です。アカモクなどのホンダワラ類の総称をモクと呼びます。これから5月まで一斉に茂ってきます。それに魚たちが産卵し、稚魚が育ちます。稚魚が育ち沖へ出る頃には、海水温が上がり、モクも溶けて消えてしまいます。「海の藻屑(もくず)」の語源です。自然の営みの完璧さには驚かされます。
b0067795_08343630.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-04-21 08:35 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

79cm、5.5kg

 休日の凪で、久しぶりに早起きして海釣りに出かけました。1時間ほどしても、さっぱり釣れず、帰ろうと思った瞬間、ガツンと来ました。上げるまでどれくらいかかったでしょうか。何度も潜られ、突っ込まれ、ようやく玉網にいれて釣り上げました。
 79cmで5.5kgのブリ(ワラサ)でした。自己記録更新ですね。これだから釣りは辞められません。今夜の女子会の皆さんへ、早速、お刺身でお出しします。
b0067795_10342290.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-04-14 10:34 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

天気晴朗なれど

 先週、地元漁師さんが「イワシが大漁!」という事だったので、今日は久しぶりに釣りに出かけました。
しかし、先日の大荒れで海の状態が一変したようで、全く魚の気配はありません。
 それでも、ごらんの雄大な景色を見ているだけで、元気をもらえます。
 写真は旗持山(右)、城山(中)を従えた名峰・米山(左)。釣れなくても、こんな景色が見られるのは海釣り師の特権です。春風が頬に当たって気持ちいいです。
b0067795_09171970.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-03-04 09:18 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

岩のり摘み

先週の大雪がうそのような、春めいた日となりました。
今朝は、今シーズン2回目の岩のり摘み。資源保護のため、町内で摘む日を決めて、一斉に海へ出ます。
私は絶好の海釣り日和のため、ボートで釣りに出ました。ホウボウ4匹の寂しい釣果でしたが、この季節、海へ出られるだけでも幸せです。
妻は写真のとおり岩のり摘みに出ました。前回は「もく」のお客様がいらっしゃったので出られなかったので、今季初めてでした。
摘んだ海苔を葦簾(よしず)に広げて乾かします。この作業に、ご覧のスノーダンプが大活躍します。
 「もく」では、1月の日替わりランチは、岩のりの雑煮、焼魚、味付けエゴ、おにぎりのセットで700円です。

なお、来週26(金)~28(日)は、従業員研修のため、「もく」はお休みします。大雪も予想されていますので。

b0067795_11023835.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2018-01-20 11:03 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

写真は、笠島・沖ノ島に沈む夕日。1年で春の彼岸と秋の彼岸の2回だけ、このパワースポットを拝むことができます。明日も良い事がありますように。
b0067795_20454027.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-09-25 20:50 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

魚拓

 先日、カナダからのレポータの人が「もく」を取材に来られました。110年の蔵に興味をもったらしく、あちこち写真を撮って行かれました。その中でも、特に魚拓に興味を持たれたらしく、Local JapanというFace bookのページに魚拓の記事を書いていらっしゃいました。カナダといえば、サーモンの本場ですし、釣りをする人も多いと思いますが、魚拓という手法は、カナダには無いようです。釣り師というのは、とかく手で魚の大きさを説明するのですが、飲んで話すたびに、両手が大きく開いていくので、本当のサイズは話半分というのが常です。
 写真は、自宅に飾っている真鯛の魚拓で、友人達と楽しく飲んだ酒の肴になりました。Local Japanのレポータが取材した(下の写真撮影)「もく」に飾っている魚拓は、別の自己ベストの真鯛になります。イカ墨(squid ink)を使うと誤解されたようですが、これはもちろん墨汁(india ink)です。
b0067795_11032016.jpg
b0067795_11041350.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-09-17 11:05 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)

精霊流し

 笠島では、かつて、お盆のお飾りで舟を作り、16日に「精霊流し」といって沖に流していました。今では、廃棄物の不法投棄という事で禁止されて、行事は行われていません。
 しかし、かつて地元の皆さんが作った舟が柏崎市立博物館に残されており、この度、お盆に合わせて展示されています。この機会に是非、実物をご覧ください。
b0067795_20413858.jpg
b0067795_20415118.jpg
b0067795_20421923.jpg

「海の笠島」にも詳しく掲載されています。ご希望の方は「海辺のキッチンもく」まで。




[PR]
by kurosakiH | 2017-08-11 20:43 | 海の笠島 | Trackback | Comments(0)