人気ブログランキング |

秋の盆栽シーズン(2)

前回に続いて県盆栽展をご紹介します。
さすが真柏の地元・糸魚川。迫力が違いますね。
b0067795_19143170.jpg

わかります、この気持ち。盆栽目線ですね。
b0067795_19145243.jpg

季節の草ものは、女性ならではのセンスですね。
b0067795_19151354.jpg

会場でパンフレットをいただきましたが、書かれているのは樹種名、鉢名と出品者名です。
せめて出品者から樹へのメッセージを載せていただけたら、もっと盆栽に親しみを感じられるようになると思いました。「すばらしい樹ですね」と言うのは、誰でも見た人は感じると思います。でも、「私には絶対無理」と、いつもずっと遠い距離感を抱いてしまいます。「私も育ててみたい」と心が動くのは、樹を育てた人の「思い」を教えてもらうことではないでしょうか。
Commented by naoko705-k at 2008-10-23 16:49
うわー、ワクワクしますねー、盆栽展は。
しかも糸魚川シンパクの大物も見られていいですね。草物の小さくて繊細なのも素敵です(自分にはない繊細さにあこがれます^^)。
あと、出品者からひとことっていうのは私もあるといいなと思います。そういえばコメントって見たことない気がします・・・

話は変わりますが、ムラサキシキブのことなんです。
小ぶりに育てる方法はありますか?
もしあれば教えて下さい。
Commented by kurosakih at 2008-10-23 22:00
ナオコさんへ、新潟はさすがに?糸魚川真柏の地元なので、意外なローカル盆栽展で、すごい樹を見ることがあります。まだまだ未知の樹がありそうです。草物は時期が短いので、管理が難しいですよね。一年のうちで11か月と3週間は、ただの草ですから。それを育てるモチベーションは言葉にできないですよね。
ムラサキシキブは10年以上も育てていますが、私もわかりません。最近は無理に小さくしなくても、しなやかな風情の実姿が、一番似合うのではと思うようになりました。
Commented by takato-t at 2008-10-23 23:12 x
初めてお便りします。毎回楽しく拝見させていただいてます。
ムラサキシキブを育てようと思い、田舎の山から鉢に植え替えてもらってきたのですが、根を掘る際、傷つけてしまったのか、日が経つにつれ、みるみる枯れていっています。
まだ、山からもらってきて、まだ1週間ほどなのですが、今では、葉も茶色くなって、丸く巻いた状態になっています。
このまま枯れるのを待つしかないのでしょうか
Commented by kurosakih at 2008-10-24 06:39
takato-tさん、ようこそいらっしゃいました。今はムラサキシキブの実姿が可憐な季節ですね。雨上がりなどは、ピカピカ光っています。さて、山採物を鉢上げされたとか。今の時期ですと、おそらく実も葉も自らすべて落とすと思います。(早く冬の準備を樹が始めるのです)ですから枯れたのではありません。今年は残念ですが、来春は、5月連休頃から芽吹き始めるので、ご心配なく。ただし、本当に枯らさによう、春まで鉢土が乾ききらない程度に時々水をあげてください。ムラサキシキブは、ケヤキに匹敵するくらい大変丈夫な樹です。ご安心を!
Commented by setubon at 2008-10-24 07:53 x
おはようございます。
中越地震からもう4年経ったのですね〜

ところでムラサキシキブとコムラサキの違いで
育て方を見直そうと思うようになってきました。
枝が延びて垂れ下がるコムラサキを小さくするのは
ちょっと無理なんでしょうね。
Commented by kurosakih at 2008-10-24 18:36
setubonさんへ、23日は長男の誕生日なので地震の日は忘れません。今でも車の中で一夜を明かした想いは鮮明です。
私は小品盆栽を作っていないので、コムラサキは庭にたくさん増えていますが、盆栽はこれからです。ですが園芸店で見かけるのは、ほとんどコムラサキのミニ盆栽です。だからミニにも作れると思います。ただ、剪定時期とどれだけ深く剪定できるかが、まだ確信が持てないので、コムラサキをしなやかな吹き流し風に仕立ても、風情があって良いと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakih | 2008-10-15 19:15 | 盆栽展 | Comments(6)