草を刈るということ

 「自然が豊かでいいですね」と皆さんがおっしゃいます。美しい自然、豊かな里山。木々が芽吹いて、山野草が咲いて。今、スマホが普及したら、皆さんがきれいなお花や景色の写真を撮られて、Facebookなどにアップされています。ホントに写真で見るときれいですが、実際は、ごみが捨てられていたり、雑草が茫々だったり、必ずしも写真どおりではありません。特に里山はイノシシが出没し、至る所を掘り返して土をむき出しにしているので、無残な情景です。それでも、放置する訳にもいかず、じつは日々が自然との闘いです。 
 写真は、荒れた空地を昨年から草刈してコスモス畑にしている所です。出勤前に1時間、仕事上がりに30分と、時間を見つけては草刈の毎日です。ここも今年2回目です。イノシシにも、ポイ捨ての族にも負けず、ただ、ただ、秋の満開の姿を夢見て・・・まあ、終わった後のビールがうまいんです!それだけです。明日も元気に頑張ろう!
b0067795_19321611.jpg
b0067795_19323507.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/26896430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakiH | 2017-06-01 19:39 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)