会話(六声)

 「もく」は狭いので8席しかありません。地元の飲み会などでは、詰め合って10席の場合もありますが。こじんまりした、実家に帰ってきたような雰囲気づくりを心がけています。お見えになるお客様とは、距離が近いので、ついつい話かけてしまいます。「どちらからお越しですか?」「〇〇からです。」「随分遠くから・・」「いえいえ、笠島の国道は、よく通るのですが、下(駅の方)まで来たのは初めてです。」みたいな感じです。

 今回もお客様の声を、「会話」をテーマに。
「また、近いうちにお邪魔したいと思うので、今度は旦那さんの釣った魚をぜひ!」
「蔵の小さなお店、『ぬくもり感』があります。狭いけど落ち着きますね。」
「こじんまりとして楽しい会話ができました。」
「楽しい時間を過ごすことができました。」
「ご夫婦のおもてなしの仕方もよかったです。ありがとうございました。」

 お褒めいただき、ありがとうございます。私も人見知りするのですが、逆に何も知らない人だと、話やすいのかも知れませんね。まあ、妻は話好きですが・・。

 写真は、ぬた(左)、もぞく(上)、のっぺ(右)です。どれも柏崎にもない、笠島独特の料理です。
b0067795_21410736.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/26739142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakiH | 2017-03-23 21:43 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)