尾崎紅葉と列車で旅する日本海・信越本線(エピローグ)

 昨日は、朝からぞろぞろと(失礼!)カメラを持った人たち、ああ、撮り鉄さんか、と思える人たちが集まってきて、笠島駅周辺にも多くのファンがいらっしゃいました。SLでも走るのかな、と思っていたら、廃車になる旧特急電車がラストランだそうで。通過時刻までご存じで、皆さんはどうやって事前に情報を得ていらっしゃるのでしょうか、いつも不思議に思います。

 シリーズでご紹介した明治32年の尾崎紅葉の「煙霞療養」は、263ページに及ぶ大作ですが、今はデジタル本pdfで、無料で読むことができます。妙高高原・赤倉温泉、新潟市、佐渡と、新潟県内を巡回する紀行文です。
 今でも、赤倉温泉や、佐渡には「煙霞療養」に関わる石碑が残っています。柏崎でも石碑を探して「あった!」と思ったら、紅葉の代表作「金色夜叉」の作詞作曲した宮島郁芳が柏崎市出身とのことで、熱海の海岸を彷彿させる市内青海川の岬に、昭和43年に建立されたのですが、結局、紅葉とも、「煙霞療養」の描写とも、無関係だったのが残念でした。
 やはり、「煙霞療養」54ページに記されたように、紅葉自身が、実際の米山の姿を見て感動して発した最高の褒め言葉、

「当国無双の名も高き 米山峠は聳(そび)えたり」

を、残してほしかったと思います。このことは、私自身を始め、市内でもほとんど知られていない事実だと思います。
 いや、まだ遅くはありません。これから募金活動でも始めますか、まだ100年かかるか。

 マスコミの皆さん、JR東日本の皆さん、今年は信越本線が柏崎まで開業120年、来年は信越本線全通120年そして尾崎紅葉・生誕150年です。是非、全国的にPRしてください!!

 くしくも全国の鉄道マニアから信越本線が注目を集めた日でした・・
b0067795_06383916.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/26730440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakiH | 2017-03-20 06:09 | 信越本線開通120周年 | Trackback | Comments(0)