尾崎紅葉と列車で旅する日本海・信越本線(中編)

 今日から3連休がスタート。柏崎も雪の心配もなくなり、外へ出かけてみようか、という気分になりますね。そんな時は、是非、電車に乗っておでかけください。柏崎~笠島はJRで10分、運賃200円です。プチ旅行気分になれると思います。
 さて、旅気分になったところで、明治の文豪・尾崎紅葉との列車の旅を続けましょう。

 【前編より続く】
「トンネル続きの線路は、碓井峠であれ、箱根山であれ、どこも同じに思えるが、特別にここが印象的なのは、長い崖沿いの、まるで六枚屏風を立てたような曲折な地形から、最初のトンネルを出れば、すぐに次のトンネルの全景が見えるのである。次を過ぎれは、その次が、さらに過ぎれば、またその次がと、うるさい蠅のように次々と現れる姿が、一つ一つ目に入って来るのである。」
【尾崎紅葉「煙霞(えんか)療養」黒崎訳】(後編へつづく

 写真はJR信越本線・笠島駅
b0067795_06091713.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/26726121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakiH | 2017-03-18 06:09 | 信越本線開通120周年 | Trackback | Comments(0)