ムラサキシキブのシーズン開幕

 今日、6月第1日曜日は、毎年、柏崎市のクリーンデーで、各町内ごとに清掃活動(当地区は下水掃除)が行われます。お祭りに匹敵するぐらいの町内行事です。
 さて、6月は、いよいよムラサキシキブの季節です。5月の後半から一気に新芽の成長が始まります。このページも「いったい何のページなの?」と聞かれるくらいムラサキシキブの登場が少ないのですが、今年は、もっと多く書けるようがんばります!
 写真は、koroさんのお便りにあった「コムラサキを株元で思い切って剪定、復活しました」と同じ作業をしたコムラサキ。新芽が根元から吹き出しました。コムラサキは、実付きがいいので、このまま枝を触らずに延ばせば、6月末には花が咲くと思います。この時期、伸びすぎたからと芽摘みや剪定をすると、花芽ができません。長く伸びるのが気になったら、針金で柔らかく、枝を下向きに芽押さえするとといいですね。枝垂れた灌木の実姿に期待します。
b0067795_762488.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/11193162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koro at 2009-06-08 11:50 x
私の町内もきのう側溝掃除でした。最近は下水道ができたので楽になりました。ご近所が顔を合わす年中行事ですね。

さて、私のほうが暖地なのでどんぐりにしてもコムラサキにしても少し早いような気がします。
現在は3~40センチの枝が多数あり嬉しくなります。
去年秋に買ったときは4本立ちでした。
コムラサキは少し大株にしたいんです。
だけどまだ花芽の兆しはありませんが。。
Commented by kurosakih at 2009-06-11 04:46
koroさんへ、私もムラサキシキブの実付けを完全に理解した訳ではありませんが、毎年、庭のムラサキシキブやコムラサキが剪定しても、びっしりと実を付ける姿を見て、盆栽とどこが違うのか観察しています。
 当方も花が咲きましたら、お知らせします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakih | 2009-06-07 07:11 | 紫式部日記 | Trackback | Comments(2)