胴吹き

 4月26日の大嵐から、ずっと続いた晴天もようやく一段落して、静かな雨の朝を迎えました。盆栽たちは、新芽を痛めつけられた後遺症が残り、なかなか新芽をだしてくれません。それでも6月には、皆さんにご紹介できるように復活してくれる事を祈っています。春の嵐が、こんなに怖いことだと身に沁みて思い知りました。
 そんな中で、うれしい発見もあります。緋梅が、太い幹から直接芽を吹く胴吹きを見せてくれました。多くの新芽を失った状況から、精一杯立ち直ろうとしているようです。自然の治癒力に感動させられます。
b0067795_7174262.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/10950097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakih | 2009-05-13 07:20 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)