黒松・鉢上げ

 ようやく雨となり、猛暑?も一段落です。満開の桜も一息ついたようです。大荒れにならない事を祈ります。
庭や畑の盆栽たちも、安堵のことでしょう。何しろ1週間全く雨が降らなかったのですから。植え替えしたばかりの鉢たちは、すぐに乾いてかわいそうなくらいでした。
 さて、写真は畑で育てていた黒松です。母親がずっと以前に山実生苗を鉢で10年くらい育てていて、ガレて下枝もなくなり、悲惨な状況だったものを畑に降ろし、7~8年育てて、ようやく元気が出たものです。
b0067795_18531189.jpg

 思わぬ野趣あふれる不思議な樹形になりました。とても針金では作れません。
b0067795_18533148.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://kurosakih.exblog.jp/tb/10721300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by setubon at 2009-04-15 17:32 x
頂き物の正月用の寄せ植えの松がありましたが
私の感覚で良さそうな樹だけ残して処分しました。
ダメ元で畑にでも植えておけば面白い素材になったかもしれませんね。
Commented by kurosakih at 2009-04-15 20:29
setubonさんへ、畑の威力というか自然の魅力ですね。思いもよらない姿を自然は作り出してくれます。「はずかしくて、お見せできない」ような姿でも成長すると「個性」になりますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kurosakih | 2009-04-14 18:53 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(2)