続・二軒並べば街になる

 先日、NHKテレビを見た妻が「新潟に「ゆきわ」という素敵な喫茶店があるよ」と言いました。一方で北前船をネットで調べていた私は「新潟に「ギャラリー蔵織」という素敵なギャラリーがあるよ」と答えました。「じゃあ今度、一緒に行ってみよう」という事になり、今日午後から職場に休暇願いを出し、従業員研修会で新潟まで行くことになりました。そうしたら何と
b0067795_19444459.jpg
向かって左側の白壁の家が「ギャラリー蔵織」さんで、右側が喫茶「西堀ゆきわ」さんで、二人が行きたかった所が二軒並んでありました。以前に「二軒並べば街になる」と書きましたが、まさにそれを既に実行していた人たちがいらっしゃいました。素晴らしいことです。私たちも左側が「蔵ギャラリーMoku」で右側が「海辺のキッチン倶楽部もく」と全く同じレイアウト。しかも、ギャラリー蔵織さんの企画展が「北前船のおくりもの」展という事で、私たちが企画展「北前船で運ばれた器」。北前船が縁でこれも奇遇でした。もっとも蔵織さんは2007年から営業しているとのことで大先輩。すみません、「もく」は真似した訳ではありませんので。全く存じ上げなかったものですから。本当に偶然です。これも何かのご縁になれば。拝見させていただいた北前船の絵馬には、くしくも柏崎の船がありました。
b0067795_19563145.jpg



# by kurosakiH | 2019-01-22 19:58 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

 今日も本当に大勢のお客様にご来店いただき、忙しい一日でした。昨日の新潟日報様に記事を掲載していただき、「場所も連絡先も書いてない!」(ごめんなさい)とお客様からお叱りを受けながらも、皆さんようやくたどり着いて、ご観覧いただきました。遠路、本当にありがとうございます。蔵ギャラリーMokuの営業は金土日なので、次回は1月25日(金)10:00~16:00の営業となります。
 さて、大勢のお客様がお見えになると、骨董に大変お詳しい方もいらっしゃって、ベロ藍の大鉢を手にとられて、「これはヨウラク文だね」と鑑定されました。(私)「ヨウラク?どんな字を書くのですか?」、(詳しい方)「うーむ、難しい字だ」、(私)「じゃあ、スマホで調べます」という展開になり、下写真の文様が瓔珞(ようらく)文だということがわかりました。ギャラリーは授業料無料で専門的な事柄を教えていただけるのが特権ですね。
(注)瓔珞(ようらく)は、もともとインドの上流階級の人々が身につけた装飾品で、珠玉や貴金属を編んで頭や首や胸にかける装身具。要するにアクセサリーですね。観音様もネックレスのように首にかけていますね。あぁ、あれですよ。
b0067795_17195806.jpg


# by kurosakiH | 2019-01-20 17:21 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

 今日も寒い一日でしたが、たくさんのお客様が「蔵ギャラリーMoku」にお越しくださいました。「新潟日報見ましたよ」と今日の新潟日報を見せてくださいました。新潟市や見附市など市外からもお越しくださり、インバウンドでカナダからのお客様も喫茶にと3名見えられました。日本にもう2ヶ月も滞在し、東京、大阪、京都、静岡を回り、今は妙高に滞在し、これから杉野原へ滑りに行くとのこと。わざわざ笠島で途中下車し、荒れた日本海を見るために来たとのこと。「もく」の手作りケーキが「オイシイ・・」と言ってくださいました。すごい時代ですね。
 さて、企画展のご紹介の第15回は、昨日に続きベロ藍の鉢です。非常に細かい絵柄で、これが可能になったのも印判手と呼ばれるプリント印刷技術です。明治に入り一気に技術が進歩して広まったようです。当時の最先端のはやりの器を、北前船の商人から手に入れたのでしょうね。
 見込み絵は「松竹梅と梅に鶯」でしょうか。春を心待ちにしている鉢ですね。
b0067795_20050488.jpg

# by kurosakiH | 2019-01-19 20:05 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)

 寒い日が続きます。インフルエンザも流行っているようで、食事前や帰宅したら、うがい、手洗いですね。口腔衛生が大切だとか。お酒を飲んでそのまま眠るのが一番悪いようで、インフルエンザウイルスは、夜中に倍々で増殖するようで。飲んでも歯磨きは忘れずに。
 今週の企画展も好評をいただいています。ありがとうございます。企画展のご紹介の第14回は、以前にもご紹介したベロ藍大皿です。有田焼だと思います。「まわり絵」は菊と牡丹、「見込み絵」は松竹梅です。意外とご来場のお客様に人気です、「藍がきれい」と。何を盛り付けても、お料理が映えますね。

b0067795_18184159.jpg

# by kurosakiH | 2019-01-18 18:18 | 上(かみ)の蔵・再生への道 | Trackback | Comments(0)