「もく」では、ランチのお客様用のランチョンマットに「岩のり」「赤レンガ」を作って、お持ち帰りいただいていました。
この度、新作として「北国街道」ができました。内容は十返舎一九の「金草鞋」、松尾芭蕉と奥の細道、東本願寺の達如上人の越後下向、「よろんご」の樹など、盛りだくさんです。笠島に400年続く江戸時代からの旧街道、その魅力を是非、まち歩きしながら、お楽しみください。
b0067795_22294462.jpg

[PR]
# by kurosakiH | 2017-03-30 22:36 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

海から見える米山峠

 市外からお見えになられたご家族連れのランチのお客様が、お帰りになり、ほっと一息ついたところです。午前中は、道路の通行のじゃまになっている雑木を、町内会のメンバーで伐採、片づけの仕事がありました。外仕事が始まると、ようやく本格的な春が来たことを実感します。海釣りも、これから期待できる時期なので、楽しみが増えます。
 写真は、先日ご紹介した尾崎紅葉「煙霞療養」に描かれた8つのトンネルのうち、笠島~米山間です。米山駅は旧名が鉢崎(はっさき)、上杉謙信の時代には「八崎」と記述されているので、これらの岬が地名になっていたのでしょう。
 岬が折り重なり合うように、手前の岬の5号トンネルから順に、4号、3号、奥の岬が聖ケ鼻で2号、1号トンネルです。「うるさい蠅のように次々と現れる」と表現された様子がわかるかと思います。
b0067795_13241766.jpg

[PR]
# by kurosakiH | 2017-03-26 13:28 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

リピーター

 「もく」は開店から2か月を過ぎました。ようやく雪の心配もなくなり、ご予約のお客様も安心して、お越しいただけるようになりました。その中ですでに2回目、3回目というリピーターの方もいらっしゃいます。「また、来ますね」と言っていただける方もほとんどなので、うれしい事です。お店を始めたら、何よりも本当に「また、来ました!」と言って、いらっしゃるお客さまが、一番うれしい事がわかりました。この前の味、どうだったかな?、今日の味はどうかな?とまだ、心配続きですが、再び、お顔を拝見できる事が何よりです。
 今日は、ランチのお客様の他に、これから夜の宴会(地元の皆さん)があります。もうひと頑張り。
近所の友人が、「4月になるので」と、春めいたお花を飾ってくれました。心が温かくなる瞬間です。
b0067795_16240731.jpg

[PR]
# by kurosakiH | 2017-03-25 16:25 | Trackback | Comments(0)

会話(六声)

 「もく」は狭いので8席しかありません。地元の飲み会などでは、詰め合って10席の場合もありますが。こじんまりした、実家に帰ってきたような雰囲気づくりを心がけています。お見えになるお客様とは、距離が近いので、ついつい話かけてしまいます。「どちらからお越しですか?」「〇〇からです。」「随分遠くから・・」「いえいえ、笠島の国道は、よく通るのですが、下(駅の方)まで来たのは初めてです。」みたいな感じです。

 今回もお客様の声を、「会話」をテーマに。
「また、近いうちにお邪魔したいと思うので、今度は旦那さんの釣った魚をぜひ!」
「蔵の小さなお店、『ぬくもり感』があります。狭いけど落ち着きますね。」
「こじんまりとして楽しい会話ができました。」
「楽しい時間を過ごすことができました。」
「ご夫婦のおもてなしの仕方もよかったです。ありがとうございました。」

 お褒めいただき、ありがとうございます。私も人見知りするのですが、逆に何も知らない人だと、話やすいのかも知れませんね。まあ、妻は話好きですが・・。

 写真は、ぬた(左)、もぞく(上)、のっぺ(右)です。どれも柏崎にもない、笠島独特の料理です。
b0067795_21410736.jpg

[PR]
# by kurosakiH | 2017-03-23 21:43 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)