裏庭にあるヨロンゴ(榎)から挿し木苗を取り、採り木を仕掛けた。榎は盆栽に作りづらいのだろうか、ほとんど見たことがない。ケヤキがあまりにも主流のせいだろうか。新緑も、ツヤのある照り葉も、紅葉も美しいと思うが・・成長が早く、葉も大葉で大味になるせいだろうか。今年は盆栽にチャレンジしてみたいと思い、挿し木と採り木となった。発根する秋が楽しみです。
b0067795_6553164.jpgb0067795_6554258.jpg
[PR]
# by kurosakih | 2004-05-12 07:00 | ヨロンゴ成長日記 | Trackback | Comments(0)

ゴマダラチョウという蝶をご存知でしょうか。写真を見れば「ああ、見たことある」と思われるでしょう。柏崎昆虫愛好会発行「柏崎・刈羽のチョウ」(2001年)によれば、この地域で「普通に見られる」というから、珍しい訳ではありません。この蝶の分布をみると海岸線に沿って、というより北国街道に沿って生息しています。実は、この蝶、ヨロンゴ(榎)の葉を食べて成長するのだそうです。つまり、この蝶が生息する場所にヨロンゴの樹がたくさんあるということです。ちなみに同書によれば、同じ種類の国蝶・オオムラサキもヨロンゴの葉を食べるので、同じような生息分布になります。柏崎にもいるんですね。(こちらの方は貴重ですが)
 以前に北国街道は「金の道」といいましたが、実は「蝶の道」でもある訳です。オオムラサキやゴマダラチョウが飛び交う街道って、ロマンチックですよね。
 1604年に徳川幕府が北国街道を整備してから、今年で400年になります。
b0067795_70481.jpg

[PR]
# by kurosakih | 2004-04-07 06:58 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

笠島小学校跡(現:高崎臨海学校)の校庭に、1本のヨロンゴ(榎)の古木が立っています。写真左手の石柱は校門で、そこから石段を降りると、村中の細い道にでます。それが北国街道です。かつての小学生は、毎日、この道を歩いて通学していました。昔、ここを松尾芭蕉や十返舎一九、さらには佐渡御金荷の一行が通った道などとは露知らず。ヨロンゴの木の海側は低くなっていて、そこを街道が回っていました。今は埋め立てられ広いグラウンドに変わってしまったので、なぜ1本の木が真ん中に立っているのか奇異な感じさえします。ヨロンゴは枝分かれが多いので、子供が木登りしやすい木です。木の上から、校庭を走り回る友達に手を振るのが楽しみでした。
 平成12年に高崎臨海学校を訪れた安中市の中島博範市長さんが、安中市の広報にこの木を書かれた文章を見つけたので、ご紹介します。
b0067795_6573787.jpg

 (前略)「(安中)市内小学校の児童約300名は、元気そのもので日本海の遅い夏を過ごしていた。(中略)昔の名残は、校庭に威風堂々と生きる榎と松の2本の老大樹だけである。日本海の過酷な自然に耐え、荒風にも凛として立ち伸びてきたその姿は、この施設に集う子供らに、その生き様を教えているかの如くである。小学校から臨海学校へと続く長い歴史の中で、失われる危険も数多くあったであろうが、この古木を大切にし、今に残してくれた先人に感謝したい。(後略)」
 こちらこそ、この木を誉めていただいて、お礼をいいたいです。また、夏がくれば深緑で木陰
を作り、大勢の小学生で賑わう校庭を、ヨロンゴは静かに待っているようです。
[PR]
# by kurosakih | 2004-03-31 06:55 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

柏崎の国道8号沿いに北国街道があります。1604年に徳川幕府が東海道など主要な街道に一里塚を造らせ、「松ないし榎を植え見易からしめ」旅人の便宜を図ったといいます。北国街道は、佐渡の金を出雲崎の港に陸揚げし、そこから陸路、江戸へ向かう、いわば「金の道」だったことから、この時期に一里塚が整備されました。一里塚が現存すれば、樹齢400年の榎と出会える可能性がありますね。
 その後、高田城の松平の殿様が風除けに植えることを勧められたとのことで、海岸線の家々には、季節風から守る榎が残っています。柏崎の人たちにヨロンゴと呼ばれ親しまれる榎は、
それだけ身近な木だったからでしょう。
 さて、そんな思いで北国街道を歩くと、街道脇にも榎が植えられているのに気づきます。榎は成長が早く枝が細かいので風除けに適しています。
 また、夏には木陰を作ってくれ、さらに蝶が産卵に寄り、実を食べに小鳥が集まるので、当時の旅人には、この上ない癒しの街路樹だったことでしょう。
 今は、街路樹といえば、どこもケヤキが主流になったのは、車社会の影響でしょうか、建設省の考えでしょうか。
b0067795_6544311.jpg

[PR]
# by kurosakih | 2004-03-24 06:51 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)