ごはん(七声)

 昨日は新聞社(しかも全国紙!)の取材を受けました。県外からのお客様は、これまで長野県、群馬県、埼玉県、遠くは岐阜県からお見えになられた方もいらっしゃいますが、さすがにめずらしい事です。どんな記事になるか新聞発売が楽しみです。
 さて、飲食店をやっていると、お客様は「ごはん」を食べにいらっしゃいます。ごはんと言ってもお米ではなく、広く食事の事です。お一人でお見えになる方も、私たちと、世間話をしながら、ゆっくりと「ごはん」を食べていかれます。お話を伺っていると、日々の暮らしの中で話をしながら食事をとる時間というのは、実はとても大切だという事を、あらためて教わります。こんな一時を、皆さん、とても、いとおしく過ごされているんですね。

 そこで「お客様のひとりごと」シリーズ7話
「こういうご飯が食べたいんです!!一番感動します!笠島にはじめて来させてもらいましたが、とっても素敵です」
「ここでしか食べられない食を味わえ、お話もたくさんでき、とてもうれしかったです」
「「もく」でしか味わえない物をいただき、うれしかった。色々な話も聞かせていただきWうれしかったです」
「おいしいお食事、コーヒー、おしゃべり、楽しいひとときでした。また、伺いたいと思います」

 いつも、本当にありがとうございます。こちらこそ、楽しいひと時をご一緒させていただき、感謝しています。また、お会いできる日を、お待ちしています。
 写真は、種から育てている野ブドウ。今年は少しは成長するでしょうか。待つ時間を大切にしたいです。
b0067795_08130564.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-05-28 08:21 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)

会話(六声)

 「もく」は狭いので8席しかありません。地元の飲み会などでは、詰め合って10席の場合もありますが。こじんまりした、実家に帰ってきたような雰囲気づくりを心がけています。お見えになるお客様とは、距離が近いので、ついつい話かけてしまいます。「どちらからお越しですか?」「〇〇からです。」「随分遠くから・・」「いえいえ、笠島の国道は、よく通るのですが、下(駅の方)まで来たのは初めてです。」みたいな感じです。

 今回もお客様の声を、「会話」をテーマに。
「また、近いうちにお邪魔したいと思うので、今度は旦那さんの釣った魚をぜひ!」
「蔵の小さなお店、『ぬくもり感』があります。狭いけど落ち着きますね。」
「こじんまりとして楽しい会話ができました。」
「楽しい時間を過ごすことができました。」
「ご夫婦のおもてなしの仕方もよかったです。ありがとうございました。」

 お褒めいただき、ありがとうございます。私も人見知りするのですが、逆に何も知らない人だと、話やすいのかも知れませんね。まあ、妻は話好きですが・・。

 写真は、ぬた(左)、もぞく(上)、のっぺ(右)です。どれも柏崎にもない、笠島独特の料理です。
b0067795_21410736.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-03-23 21:43 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)

懐かしい味(五声)

 午前中の吹雪で、ご予約のお客様は、大丈夫でしょうかと心配してたら、お昼頃から青空が見え始め、皆様、無事ご到着されました。昨日は、妻と一緒に岩室(新潟市)で岩佐十良さんの講演会へ行ってきました。共感マーケティングとか、リアルメディアとか、初めて聞く言葉でした。
 従来のような物量で人を動かすのではなく、「現場」で「共感」を得ることで人が動くことを学びました。この方法であれば、「もく」のような規模の小さなお店でも、取り組めそうだと思いました。
 さっそく、お客様のひとりごと(五声)です。
「笠島の味は、懐かしい味でおいしいでした。」
「料理がおいしく、満足感がいっぱいでした。静かなひと時が過ごせました。」
「蔵を改装したお店や、地元の料理がとても素敵で、おいしかったです。」
 今回も、たくさんのお礼の言葉をいただき、ありがとうございます。
 今まで、知らず知らずのうちにご紹介していた「お客様のひとりごと」が、共感マーケティングと呼ばれるものだったことを、昨日の講演会で実感できました。なぁんだ、知らなかったのは「言葉」だけだったんですね。
 今日も、十日町市など遠くからお客様がいらしてくださり、「頑張って!」と励ましの言葉もいただきました。「もく」を始めて本当に良かったなぁと「共感」できた瞬間です。
b0067795_20183576.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-02-25 20:22 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)

 午前中は冷たい吹雪でした。そんな中、リュックを背負った学生の「撮り鉄君」が「もく」にコーヒーを飲みに立ち寄ってくれました。今朝は富山から来てくれたこと、青海川駅は以前に来たことがあったので、今日は笠島駅の電車を撮りたかったこと。良い写真が撮れたとのこと。我が家には、トキ鉄(えちごトキめき鉄道)の懸賞に当たったグッズがあったので、プレゼントしたら「もう走っていない電車だ!」と喜んでくれました。自分の息子と同世代だったので、わが息子も、どこかでこんな風に、おじさんと話をしているのかなぁと、しみじみ思いました。
 午後から、雪が止んで晴れ間も出たら、思いかけずお客様が大勢お見えになって、忙しい一日となりました。
 恒例?の「お客さまのひとりごと(四声)」です。
「アットホームな雰囲気で、友達の家に遊びに来た気分でほっとしました。次はランチと、夜もいいかなぁと思います。」
「次は母をつれてきます。」
「静かで落ち着きました。手作りのあたたかみが感じられました。」
「モゾクの味噌汁が大変おいしかった。」
「自分の家のようにくつろいで、楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。また、友人と寄せていただきます。」
 ご紹介しきれないくらい、たくさんお書きくださり、ありがとうございます。
 今日は、息子のような「撮り鉄君」から始まり、「母をつれてきます。」という宣言まで、JR笠島駅から100mという「もく」の新たな魅力を実感しました。



[PR]
by kurosakiH | 2017-02-19 19:18 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)

 また、また、しても週末の柏崎は大荒れです。雪が降らないとは言え、先程の突風は竜巻かと思うくらい、すごい音がしました。
 明日は、急遽、「まちからコラボ鍋アイデアお見合い大作戦!」に夫婦で参加することになり、15時くらいには閉店させていただきます。ランチをご予約いただいている方は、大丈夫です。
 さて、お客様のひとりごとシリーズ第3声です。
 「おいしい岩のりを食べることができて、とても良かったです。」
 「冬の海鮮汁がおいしかったです。」
 「エゴの味付け、とてもおいしかったです。お料理全体、ちょうど良い味付け、量でした。ごちそう様でした。」
 「とても感じが良く、会話もできて、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。」
 「懐かしい味がしました。彩も美しいランチでした。アンティークな物に囲まれて、優雅な時間が流れていました。」
 皆様、お一人お一人、お越しいただき、ありがとうございました。
1月、2月は岩のりのシーズンです。摘んだばかりの岩のりをお出しできるので、おいしいと言っていただけると、何よりです。
 まだまだ、寒い日が続き、インフルエンザも流行っていますので、皆様、ご自愛のほどを。
 

[PR]
by kurosakiH | 2017-02-17 18:39 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(1)

 猛烈な冬の嵐です。残念ながら週末に大荒れとなるパターンができたようですね。風が強いので、笠島は雪がありません。神様は耐えられない試練は与えないとか。そう願うしかありません。
 静かにハンドドリップで入れたモーニングコーヒーの味見をしながら、前回ご好評いただいた「お客様のひとりごと(二声)」をお届けします。
 「雰囲気がとても良く、料理も大変おいしくいただきました。体が元気になるような食べ物でgoodでした。」
 「お料理がみんなおいしくて、また来ます。」
 「地域の素材を活かして、とても良かったと思います。とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。」
 「落ち着いた雰囲気で、食事もおいしくいただきました。また来ます。」
 「蔵の雰囲気がとても良かったです。海苔もおいしかった!」
 とてもうれしいお言葉をいただいたので、今回はたくさんご紹介させていただきました。本当にありがとうございます。
 皆さん、「もく」の蔵の魅力を感じていただけるのが、何よりうれしいです。

[PR]
by kurosakiH | 2017-02-11 09:21 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)

 週末になると荒天が続きますが、まあ、この時期は致し方ない事。それでも予約してお越しくださるお客様がいらっしゃるのは、何よりうれしい事です。 
 シリーズでお越しいただいた皆様の「ひとりごと」(アンケート)をご紹介したいと思います。
「懐かしい感じがする空間です。心地が良くて何時間でも居られると思いました。箪笥や何気なく飾ってある古い道具で、雰囲気がより良い空間になっていると思います。」
「(鯛)赤飯がとてもおいしく出来上がって、最高でした。ついついおかわりと言ってしまいました。魚(サワラ)の味噌は、ふんわりと焼けて、久しぶりにおいしく味わう事ができました。」
「器、蔵、人柄、海、どれもステキです。料理はもちろん、特色ある郷土の味は、もてなしの心を感じます。出会いに感謝です。ありがとう。また寄せていただきます。」
 こちらこそ、ありがとうございました。皆様の声をお聞きすると、ようやく私たちが目指そうとしている「もく」の姿が見えてきたような気がします。
 明日22日(日)は、申し訳ございませんが、予約の皆様で、ランチも喫茶も満席となりました。
先週延期となりました町内の「どんど焼き」が予定されています。風が止んで、穏やかになりますように・・・。
「もく」では、これから仲間と飲み会です。
b0067795_17440245.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-01-21 17:54 | お客様のひとりごと | Trackback | Comments(0)