「もく」では、ランチのお客様用のランチョンマットに「岩のり」「赤レンガ」を作って、お持ち帰りいただいていました。
この度、新作として「北国街道」ができました。内容は十返舎一九の「金草鞋」、松尾芭蕉と奥の細道、東本願寺の達如上人の越後下向、「よろんご」の樹など、盛りだくさんです。笠島に400年続く江戸時代からの旧街道、その魅力を是非、まち歩きしながら、お楽しみください。
b0067795_22294462.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-03-30 22:36 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

海から見える米山峠

 市外からお見えになられたご家族連れのランチのお客様が、お帰りになり、ほっと一息ついたところです。午前中は、道路の通行のじゃまになっている雑木を、町内会のメンバーで伐採、片づけの仕事がありました。外仕事が始まると、ようやく本格的な春が来たことを実感します。海釣りも、これから期待できる時期なので、楽しみが増えます。
 写真は、先日ご紹介した尾崎紅葉「煙霞療養」に描かれた8つのトンネルのうち、笠島~米山間です。米山駅は旧名が鉢崎(はっさき)、上杉謙信の時代には「八崎」と記述されているので、これらの岬が地名になっていたのでしょう。
 岬が折り重なり合うように、手前の岬の5号トンネルから順に、4号、3号、奥の岬が聖ケ鼻で2号、1号トンネルです。「うるさい蠅のように次々と現れる」と表現された様子がわかるかと思います。
b0067795_13241766.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-03-26 13:28 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

 また、寒い日が続きます。ここまで来て白い雪を見るのは、残念ですね。春になってほしいものです。
 さて、「もく」にご来店のお客様へ、お食事をお出しする際、「素敵な器ですね」と言われることが、多々あります。
 これらは御荘焼(みしょうやき)と呼ばれる食器で、明治時代の物です。と言っても伊万里焼のように、高価な飾って眺める物ではなく、このように家庭で日用品として使ってきた物です。
 江戸時代後期から昭和にかけて栄えた愛媛県愛南町の産地で、御荘焼と呼ばれます。宇和島伊達藩のお庭窯で、雑器を中心に磁器を焼いていたとのことです。この窯で焼かれた製品の特徴は、明治初頭に輸入されるようになったコバルトを用いた絵付けと印判物です。また色絵付けも焼かれ、富岡喜内と甥の稲田峰三郎の名から「富」「峰」の窯印のある良品が作られました。
 「もく」には、「富」の窯印がある富岡喜内(文政3年~明治33年)の小鉢や皿が残っています。これらは明治時代に、遠く四国から北前船で、ここ柏崎まで運ばれてきたものです。愛媛県の方がご覧になられたら、さぞや驚かれることでしょう。私もいつか産地を訪ねてみたいと思っています。
 絵は上手とは言えないのですが、伊万里を一生懸命真似て描いた、その素朴な実直さが伝わってきます。これからも大切に使っていきたいと思います。
b0067795_20532473.jpg
b0067795_20534274.jpg


[PR]
by kurosakiH | 2017-03-09 20:59 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

越後路 米山峠

 2月18日に「まちからコラボ鍋アイデアお見合い大作戦!」に夫婦で参加しました。
私は「北國街道の手をつなぐ会」の紹介ということで、初めての方でも江戸時代の話を読んでいただけるよう、十返舎一九の「方言修行 金草鞋」14巻から「越後路 米山峠」の一説を意訳してパンフレットを作り、ご紹介しました。
 「くすっ」と笑っていただけたら幸いです。
b0067795_19005723.png
b0067795_18532916.png

[PR]
by kurosakiH | 2017-02-21 19:13 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

北国街道の魅力は?

 「北国街道の手をつなぐ会」に加わってから、10年以上がたちます。自宅の前の通りが北国街道だったので、あまりにも身近で、また、江戸時代の面影も少ないので、会員になるまでは気にも留めませんでした。年1回の総会で、街道沿いの各宿場を訪ねるのが楽しみで、上田市上越市大潟区坂木宿(長野県)、地元の鉢崎宿(柏崎市米山町)でもやりました。
 街道探索がメインなのですが、毎回、地元会員が主にガイドしてくださるので、裏話も聞ける、今で言う「街歩き」のはしりでした。
 近々「北国街道の魅力について」話さなければならないのですが、あらためて考えると・・う~ん・・
街道が整備されてから400年以上だったり、沿道に「よろんご」の樹が植えてあったり、佐渡から金銀を運んだ道だったり、「奥の細道」で松尾芭蕉が旅したり、やじさん・きたさんの十返舎一九、手毬の良寛が歩いた道だったり・・ いろいろな「うんちく」はあるのでしょうが、これらが魅力なの?となりそうです。
 まあ、あまり深刻に悩まずに、街歩きは、珍しい物を見つけたり、変わった看板があったり、それぞれが楽しいものです。毎日見ているようでも、季節によって花が変わるように、気づかないうちに風景が変わっています。
 今夜は、聖バレンタインデー、キリスト教の聖職者の殉教の日だそうです。そういえば、私が最初に北国街道を調べたのは、1823年に柏崎に下向された東本願寺・達如上人の石碑を、「何でこんなところに東本願寺があるの?」と青海川と笠島で2基見つけた不思議な出会いが始まりでした。でもキリスト教とは関係ないか・・やっぱり。

[PR]
by kurosakiH | 2017-02-14 19:55 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

擬音の日

 11月3日の文化の日は、昔から「晴れの特異日」という話を聞きます。確かに11月上旬は、穏やかな秋晴れで、菊花展が各地で開催されたりします。
 しかし、今日の柏崎は、雷ゴロゴロ、霰がバラバラ、雨がザーザー、風がビュービュー、波がドーンドーンと、擬音だらけで、話し声も、ついつい大声になってしまいます。
 真冬には、こんな日は当たり前のように続くのですが、さすがに11月上旬で、こんな日は堪えます。まだ、冬囲いもしていないし、庭の掃除もあるし。
 写真は、弁天様に当たる大波。マニアの写真家がよく撮影するアングルです。そう言えば、先日のまち歩きの人たちも、波ばかり撮っていましたっけ。
b0067795_13422521.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-11-03 13:38 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

 イベントのお知らせです。「北國街道の手をつなぐ会」が後援です。
b0067795_21031047.png

[PR]
by kurosakiH | 2016-11-02 21:05 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

谷積み石垣

 3連休初日は、全国的に雨模様のようです。台風の跡は、庭の植木や盆栽も大打撃を受け、葉っぱがほとんど、茶色く縮れてしまいました。紅葉間近だったのに残念なことでした。
 10日にまち歩きのガイドを頼まれているので、午前中に下見に行ってきました。瓦が落ちたり台風の被害も見受けられました。
 写真は、明治30年に信越本線が開通した際に、岩山を切り開いて、その石で石垣を組んで堤防を築いたものです。谷積みと呼ばれ、V字になるように石が組まれています。江戸時代後期から明治にかけて普及した組み方だそうです。百年後の今でもしっかりと残っています。
b0067795_14283192.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-10-08 14:29 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

北前船・四ツ爪錨

 笠島の歴史遺産について調べる機会がありましたので、ご紹介します。
「海の笠島」のシンボルと言えば、何と言っても「弁天岩」だと思います。
このブログでも、何度か、夕日に映える弁天岩をご紹介しました。
 地元では「弁天さん」と呼ばれて親しまれ、子供たちが魚釣りを覚える場所として、毎日のように通った思い出があります。
 かつて、この岩の裏側に平らな場所があって、そこから海へ飛び込むのが「勇気ある若者」として、仲間から尊敬されたとのことです。(私は飛び込んだ事がありませんが)
 弁天様が祀られていて祠が2基ありますが、昭和50年頃に大時化で岩が大きく割れてしまいました。
 今は1か所に集めて、祀ってあります。祠の脇に四ツ爪錨が2本飾ってあります。岩が割れる前は4本ありましたが、割れた際に2本は水没してしましました。
 江戸時代に沖合を通っていた北前船の錨です。昔、漁師が網にかかったものを引き上げて、お飾りしたと伝えられています。長い間、海に沈んでいたので、フジツボがびっしり付いていたのですが、これも陸に上がってから長い年月がたち、貝も取れてしましました。
 毎年、5月12日に神主様を招いて、お祭りが行われます。
b0067795_18131213.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-09-12 18:10 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)

 今日は「北國街道の手をつなぐ会」の総会が、上田市で開かれました。ご存じ「真田丸」で、上田城などは大変な賑わいでした。でも、当会は観光地でなく、街道を訪ねるのが主旨ですから、このような感じです。
b0067795_20233537.jpg

上田市の柳町通り。城下町の風情が残る素敵な町でした。若い人たちがお店にかかわっている所も多く、ただ古めかしいお店ではなく、おしゃれな店もありました。魅力的な通りです。
 
 こちらのお店は築350年の造り酒屋「岡崎商店」様。店主の岡崎さんから柳町や店内を案内していただき、ホームページに登場する美しい女性杜氏さんから、お酒をお土産に買いました。
b0067795_20365612.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-06-23 20:39 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)