カテゴリ:柏崎の里山日記( 164 )

佐渡見平が開園

 今日から佐渡見平が開園します。日本で唯一、佐渡が見えるコスモス畑です(たぶん)。もちろん入場無料。今年は夏の天候不順で、花数は例年の3分の1くらいと少ないですが、その分、1つ1つの花は、きれいに咲いています。
 私は、写真がうまく撮れなかったのですが、皆さん、是非、美しい写真にチャレンジしてください。遠くに見えるのが佐渡です。
b0067795_07222927.jpg
b0067795_07224210.jpg
b0067795_07231183.jpg
b0067795_07234104.jpg
b0067795_07235927.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-09-24 07:24 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

リピータ

今日は、3組のお客様がお越しくださいましたが、いずれもリピータで、新しいお友達を連れて来てくださいました。早くも4回目というお客様もいらっしゃいました。「もく」をオープンして9か月ですが、今は半分くらいがリピータのお客様です。「また来ました。」と言ってくださるのが、お店としては、本当にうれしい限りです。
 写真は、裏の畑にじゃまになっていた野ブドウが色づき始めたので、リースにしました。他のブログで拝見したものを、真似してみました。同じように作っても、なかなかうまくできません。リースは簡単そうで、難しいですね。
b0067795_22241521.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-09-23 22:27 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

宵待草

 柏崎は久しぶりの快晴。笠島海岸は釣り人も多く訪れています。まだ、荒れが少し残っていますので、気をつけて釣りを楽しんでください。
もう一つの楽しみは、宵待草。見頃を迎えています。こちらは採らずに写真だけにしてくださいね。

「待てど 暮らせど 来ぬ人を 宵待草の やるせなさ」(竹久夢二)

 歌に詠まれるロマンチックな花です。
b0067795_08585433.jpg
b0067795_08592266.jpg


[PR]
by kurosakiH | 2017-08-27 09:03 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

 先日、小さな女の子を連れたご家族が、ランチにいらっしゃいました。真鯛の塩焼き(小骨を抜いたもの)を出したら、「おいちぃ!」と言って、可愛い笑顔で、完食したお皿を見せてくれました。魚の切り身を全部食べたのは、おそらく初めてだったのでしょう。お母さんも驚いていらっしゃいました。
 昨夜のNHKドラマ「千住クレイジーボーイズ」を何気なく見ていたら、「おいしい物を食べると、誰もが笑顔になる」とのセリフが耳に残りました。以前、「もく」のイメージを「私の避〇地」とご紹介しましたが、実際は、むしろ皆さんもっとポジティブに、素敵な笑顔でお店を出ていかれます。「もく」を始める前と「もく」がお店になってから、私の思いが確実に変わってきました。
 写真は「ムクゲ」です。裏庭に咲いているのを、活けてみました。「お花」も見ているだけで、ほんのり笑顔になれます。夏の名残りから、季節はゆっくりと秋へ移ります。
「もく」は今日も、市内のご家族連れをお迎えします。
b0067795_06534593.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-08-26 06:57 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

秋の気配

 怒涛のようなお盆が終わり、一気に静かな笠島に戻りました。朝から雷雨で、無理矢理、夏を終わらせようとしている感じです。
「もく」も静かに営業しています。午後からは、ご近所の元・女子会?様のご予約です。
 写真は、「もく」の営業日には、いつも飾っているお花です。ご近所の方から分けていただいた花が、庭で増えたので、飾ってみました。名前は分かりません。竹筒は昨年、「村上の屏風祭り」で購入したもの。添えにコムラサキを活けました。秋が近い感じです。
b0067795_11281927.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-08-19 11:28 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

ホタルブクロ

 朝から柏崎は大雨。これまで空梅雨だったので、畑は雨が欲しいと願っていたのですが、これくらいで止んでくれると、大きな被害にならないで良いのですが。「もく」のランチは、雨でキャンセルの連絡もありました。初めてのお客様で、お会いできず残念ですが、お天気の良い日に、またお越しいただければと思います。それで朝は、少しゆっくりと過ごせそうです。 
 写真は、畑に咲いていたホタルブクロを鉢上げしました。何でこんな花姿になったのか不思議ですが、それに蛍袋と名付けた先人のセンスの良さには関心します。夜に蛍が入ったら、さぞ幻想的でしょう。「もく」に飾りましたので、ご覧いただけます。
 紫陽花と共に、梅雨がよく似合う花ですね。
b0067795_07453281.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-07-01 07:45 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

ねぎ坊主・アリウム

 町内行事やイベント続きでブログ更新が遅れていました。
今日は朝から小雨模様。こんな日は逆に落ち着いて、身の回りの事ができます。
「もく」も先日、毎日新聞に掲載されたので、おかげ様で、連日、ご予約いただいています。
 写真は、ネギ坊主こと、アリウムという名前の花だそうです。今年は、畑にたくさん増えて、
背丈が大きくなるので、困っているくらいです。「もく」にご来店のお客様からアンケートを書いていただいていますが、その中に「何に興味をもたれましたか?」という項目があり、初めて「盆栽」に〇をつけてくださった方がいらっしゃいました。「盆栽志」の私としては、実は何よりうれしいことです。写真はもちろん盆栽ではありませんが、バッサリと切って活けてみました。「もく」の蔵に残っていた「おかもち」を持ち出して入れてみました。こんな遊び心で楽しくなりますね。活け花の師匠の友人から笑われそうですが、写真撮影の後は、「もく」の入口に飾りました。夏らしいですね。
b0067795_09511028.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-06-25 09:53 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

草を刈るということ

 「自然が豊かでいいですね」と皆さんがおっしゃいます。美しい自然、豊かな里山。木々が芽吹いて、山野草が咲いて。今、スマホが普及したら、皆さんがきれいなお花や景色の写真を撮られて、Facebookなどにアップされています。ホントに写真で見るときれいですが、実際は、ごみが捨てられていたり、雑草が茫々だったり、必ずしも写真どおりではありません。特に里山はイノシシが出没し、至る所を掘り返して土をむき出しにしているので、無残な情景です。それでも、放置する訳にもいかず、じつは日々が自然との闘いです。 
 写真は、荒れた空地を昨年から草刈してコスモス畑にしている所です。出勤前に1時間、仕事上がりに30分と、時間を見つけては草刈の毎日です。ここも今年2回目です。イノシシにも、ポイ捨ての族にも負けず、ただ、ただ、秋の満開の姿を夢見て・・・まあ、終わった後のビールがうまいんです!それだけです。明日も元気に頑張ろう!
b0067795_19321611.jpg
b0067795_19323507.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-06-01 19:39 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)

暑い、けれど涼しい

 朝から暑い日差しが照りつけています。海は、べた凪で、透明度抜群、10mくらいの水深なんか、平気で底まで丸見えです。こんな日は、全く釣れません。魚たちが、釣り針を避けて通ります。釣り人には、辛い日ですが、海遊びに来られた方は、水がきれいなので、楽しいでしょうね。
 さて、「もく」の花壇の草取りをし終えたのですが、汗ばむくらい暑くて、冷たいコーヒー(自販機ですが・・「もく」にはアイスコーヒーがないので)を飲んで、中へ入ると、ひんやりと涼しい。さすが土蔵の威力?です。GWくらいまでは暖房していたので、これからが涼しさを感じる?季節になります。
 昨年にも劣らず、芍薬が咲きました。花菖蒲も咲きました。これから、ランチご予約のお客様をお迎えします。
b0067795_10572129.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-05-20 10:40 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(2)

花盛り

 朝から雨が降る前にと、早起きしてコスモス畑の草刈を1時間。年々、草の成長が早く感じられます。シャワーを浴びてから「もく」の手伝い。ランチは新潟市から2組のお客様。2時間かけてお見えになるので、頭が下がります。でも、とても喜んでいただいたので、アンケートにも、びっしりと思いを書いていただいて、本当にありがたいものです。一方で「満席です」とお断りしたお客様もいらっしゃるので、申し訳ない限りです。 
 午後からは、地元のおばちゃん達の高齢、じゃなく恒例の女子会。くったくのない世間話で、こんな1杯のコーヒーで楽しく過ごせるのは、さすが人生経験の賜物ですね。
 写真は、「もく」の花壇に咲いたボタン。母親が元気な頃は手入れしてきたので、たくさん咲いたのですが、今年は母親が入院して何もしなかったので、2株しか花が咲きませんでした。「昔は、ばあさんから、仏壇に飾ってくれと、ボタンの花を分けてもらったもんだ。今年は2輪じゃ、もらう訳にもいかんね、ハッハッハッ・・・」と、さすが。くったくのない笑い話にされてしまいました。
b0067795_21210189.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-05-06 22:04 | 柏崎の里山日記 | Trackback | Comments(0)