ミニ黒松の葉すぐり

 勤労感謝の日。お天気は回復しましたが、海は依然として時化続きで釣りに出られません。今シーズンも終わりに近づいているようです。暖冬に期待しましょう。
 写真は、2年目に実生した黒松。ミニ盆栽に作ろうと思って育てています。古葉を抜く葉すぐりをしました。長い枝は幹を太らせるための犠牲枝。下枝が日陰にならないよう葉を取ります。立ち上がりすぐの曲がりが気にっています。
b0067795_11561375.jpg

[PR]
by kurosakih | 2009-11-23 11:58 | 黒松実生 | Trackback | Comments(0)

生き残り黒松

 新年度になって1週間がたちましたが、まだ、仕事は落ち着きません。新人さんは、9日から配属になります。どんな若者が来るのか楽しみです。
 写真は、一昨年の春に種を捲いた黒松です。雀の食べ残し?の松たちです。その後は無事に成長し、4本が残りました。当時のままの鉢に植わっていたのを、1鉢ずつ独立させます。
b0067795_23265452.jpg

 少し大き目の鉢に入れましたが、この方が幹の太りが早いようです。右側の鉢は、昨年、一足早く鉢上げした同期生です。1年ぶりの再会?です。
b0067795_23272037.jpg

[PR]
by kurosakih | 2009-04-07 23:30 | 黒松実生 | Trackback | Comments(0)

黒松の夏

北京オリンピックも連日の熱戦で、夜中までテレビを見る日々が続きます。オグシオを破った中国ペアを見た息子は「男と対戦するの?」。北島選手の本番の強さは、メンタルが弱い日本人が見習う分野。楽しみにしていた星野ジャパンは、昨夜の初戦に敗れましたが、まだまだこれから、これからです。
 今日は、これから妻の実家へ里帰り。朝から雷が鳴り出したので、大雨にならなければ良いのですが。
 写真は、今春に種まきした黒松。連日の猛暑で、大半の盆栽たちは、葉がぐったりしていますが、暑いほど黒松たちは元気に育ちます。
b0067795_6211290.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-08-14 06:25 | 黒松実生 | Trackback | Comments(0)

黒松・銘「夢ノ島」

中国で大地震が発生して、大きな被害が出ているようです。中国と聞くと、大陸なので地震など起こらないと思っていましたが、意外と多い地域だと知りました。あの、コンクリートの建物が、ギシギシときしむのを体験した人は、わかると思いますが、本当に潰れてしまいそうな恐怖感があります。本当に心配です。
 写真は、昨年の実生黒松。以前、そらまめさんから「白い砂浜に立つ3本のやしの木」に見えるとアドバイスをいただいたので、今年はカップめんの鉢から取り出して、島のような石付きにしてみました。もうすぐ、元気に新芽が伸びるのが待ち遠しいですね。
b0067795_22355052.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-05-13 22:38 | 黒松実生 | Trackback | Comments(4)

黒松・芽が出た!

連日の暖かさで、柏崎もようやく桜が咲きました。今週末は見頃でしょう。とは言え、急に気温が下がったり、雨模様の不安定なお天気です。
 暖かな日が続いたせいか、3月に種を蒔いた黒松が、昨年より早く芽を出しました。
b0067795_23254463.jpg

今年は、雀から種を守るために、ご覧のようにネットをかぶせています。一粒残らず?元気に育てたいと願っています。
b0067795_23255928.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-04-10 23:28 | 黒松実生 | Trackback | Comments(0)

黒松の種まき

柏崎は、連日、穏やかな春らしい日が続きます。皆様の所は、いかがでしょうか。
庭の冬囲いを外したり、植替えも、まだ続き、作業は忙しいです。
 黒松の種を蒔きました。蒔き方は昨年と同じです。今年は、2年目になるので昨年の苦い経験を活かしながら、育ててみたいと思っています。
b0067795_1810119.jpg

 写真は、蕾から育てたフキノトウ。我が家で唯一の出窓に飾ってみました。1芽が咲きました。鉢際の小さな2本のスペード形はフキの芽です。春らしい一時です。
b0067795_188913.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-03-23 18:16 | 黒松実生 | Trackback | Comments(2)

節分・「種」まき?

今日は節分。朝からチラチラと雪が舞っています。東京も雪ですとか。
さて、昨春に蒔いた黒松実生の話題に、お問合せがありましたので。
写真上は、今年の11月に採取した黒松の松ボックリです。ご覧のように松傘の隙間に、羽の付いた黒松の種が挟まっています。これをパラパラと震い落とすと、モミジのような種が落ちてきます。(写真下)これを春のお彼岸頃まで保存します。(冷蔵などの特段の保存方法はしません。寒い縁側の廊下にビニル袋に入れたままです。)
 まだ種をお持ちでない皆さんは、今からでも黒松のある公園で、松ボックリの付いた木を探してみてください。1個の松ボックリから20~30粒の種が取れるはずです。春までたっぷりと時間がありますよ。私も今年は「雀の被害」に合わないよう、ネットをかぶせる予定ですが。
b0067795_12442421.jpg
b0067795_12443230.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-02-03 12:47 | 黒松実生 | Trackback | Comments(0)

ミニ盆栽の育て方とは?

我が家には、ミニ盆栽がほとんどありません。50~80cmくらいの盆栽ばかり育ててきたせいか、最近までゼロでしたが、圧倒的にミニ盆栽を育てていらっしゃる方が多いので、実生や挿し木もやるようになりました。
 写真は、昨春に種を蒔いた黒松です。懸崖にしようとカップ麺の容器で育てています。盆栽本によれば、今はスピードアップの時代で、ミニでも黒松は多肥多水で一気に根元を太らせ、幹芯を何度も切り替えしながら、作っていくようです。我が家のこの松は、忘れられたように、ほとんど何もしていません。今年は、このままじっくり味をだそうか、教科書どおりに肥培をかけようか・・・・春まで時間はたっぷりあります。
b0067795_134804.jpg

[PR]
by kurosakih | 2008-01-27 13:50 | 黒松実生 | Trackback | Comments(7)

三連休の中日。「○○心と秋の空」と言われるように、朝の晴天が一気に荒れ模様。午前中は、庭の冬囲い。普段は12月に入ってからやるのですが、今年は冬が早そうなので、お天気のチャンスを狙ってやりました。
 写真は、今年の実生・黒松。秋にもっと肥培して太らせるつもりでしたが・・・結果が今一つ。発砲スチロール鉢の水はけが悪かったようです。通気性がないので、通常より粗い粒の土の方が良かったようです。まあ、来年に期待しましょう。「松ぼっくり」もたくさん拾いましたので。
b0067795_12373174.jpg

[PR]
by kurosakih | 2007-11-24 12:40 | 黒松実生 | Trackback | Comments(2)

台風一過

猛暑の後の猛烈な台風。被害を受けられた方も多かったのでは、ないでしょうか。我が家は、台風の直撃から免れたので、何とか無事に過ごせました。
「それにしても・・」と嘆くことが多くなりました。メゲずに元気を出して頑張りましょう。
写真は、実生の黒松です。本葉が出て、ようやく「草ではなく、松の芽」らしくなってきました。
秋は松が太る季節です。これからぐんぐん大きくなるのが楽しみです。

b0067795_18322446.jpg

[PR]
by kurosakih | 2007-09-08 18:33 | 黒松実生 | Trackback | Comments(4)