カテゴリ:未分類( 81 )

 近所で先週から建設工事が行われ、工事車両の通行があるため、「もく」は今週の営業日28日(金)~30日(日)は、臨時休業させていただきます。このお休みに「里山十帖」へお店の勉強に行ってきました。以前に岩佐さんのお話を聞いていたので、楽しみにしていました。柏崎からは1時間半くらいで到着なのですが、途中、大沢峠で道に迷い、「こんな狭い山道を行くの?」という感じですが、「もく」も狭い道なので、同じで安心しました。
 まだ、雪も残り、新緑の芽生えと、きれいな風景でした。テーブルのお料理に添えられた、さりげないメッセージカードに、おもてなしの心を十分に感じました。さっそく「もく」でも、真似しましょう。
b0067795_18134757.jpg
b0067795_18113688.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-04-29 18:19 | Trackback | Comments(0)

【臨時休業のおしらせ】
 近所で建設工事が行われるため、臨時休業いたします
  4月28日(金)~30日(日)

 よろしくお願いいたします。
【お問い合わせ先】  電話(0257)31-1023
b0067795_10211356.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-04-23 15:47 | Trackback | Comments(0)

リピーター

 「もく」は開店から2か月を過ぎました。ようやく雪の心配もなくなり、ご予約のお客様も安心して、お越しいただけるようになりました。その中ですでに2回目、3回目というリピーターの方もいらっしゃいます。「また、来ますね」と言っていただける方もほとんどなので、うれしい事です。お店を始めたら、何よりも本当に「また、来ました!」と言って、いらっしゃるお客さまが、一番うれしい事がわかりました。この前の味、どうだったかな?、今日の味はどうかな?とまだ、心配続きですが、再び、お顔を拝見できる事が何よりです。
 今日は、ランチのお客様の他に、これから夜の宴会(地元の皆さん)があります。もうひと頑張り。
近所の友人が、「4月になるので」と、春めいたお花を飾ってくれました。心が温かくなる瞬間です。
b0067795_16240731.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-03-25 16:25 | Trackback | Comments(0)

 2月5日(日)と12日(日)は、勝手ながら臨時休業いたします。

その他の
営業日は、毎週、金、土、日です。

ご予約は電話(0257)31-1023(黒崎)
    携帯090-4730-0912(黒崎)

JR
笠島駅下車、米山方面へ徒歩1分(100m)

 開店から、全力で走り続けた1月の営業日が、今日で終わりました。「もく」が掲載された新聞を持ってお店に来られるお客さまも、いらっしゃいました。遠方からお見えになられたのに「満席なんです・・」と、大変申し訳なかったのですが、パンフレットをお渡しして、何組もお断りすることにもなりました。私たちもキッチン営業は初めての経験だったので、不行き届きの事も多かったと思います。そんな時は、仲間たちから、いろいろ本音の「指導」を受け、その都度、改善もしてきました。でも、何と言っても、お客様から「おいしかった!」と言っていただける、それが本当にうれしい毎日でした。
 2月の日曜日は、2週続けてですが、お休みをいただきます。母親の介護、町内の行事、子供たちの事など、さまざまな事が集まってしまいました。私も平日はサラリーマンなので、土日に妻の店「もく」の手伝いをしていたのですが、2月は妻と二人で少し家族の事も見たいと思います。



[PR]
by kurosakiH | 2017-01-30 04:46 | Trackback | Comments(0)

私の避〇地「もく」

 近所の友人夫婦が来て、「もく」で飲みました。気軽に来てくれるので、仕事を離れて楽しく飲める仲です。
以前、柏崎リーダー塾の人たちを案内した時、「電車で笠島駅へ降りたのは初めて」という方が、ほとんどでした。同じ柏崎市内に住んでいて、JR信越本線で上り(直江津方面)へ3駅目なのに。また、そのほとんどが、波しぶきを近くで体感して、とても喜んでいらっしゃいました。
 先日はFM局の人が「もく」へ取材でなくプライベートで来られましたし、来週には新聞社の方も、半分取材で半分プライベートで来る予定です。
 つまり、普段、仕事で車を使っている柏崎のビジネスマンの皆さんにとっては、電車に乗ること自体が「旅」であり、笠島は旅先のまち、つまり、北国街道であったり、北前船であったり、明治の鉄道史跡であったり、CMロケ地TVロケ地であったり。まして、築110年の蔵「もく」は、全く仕事や日常生活とは、かけ離れた存在に見えるのかも知れません。もしかして、これが「もく」が目指していたコンセプトなのでしょうか。柏崎から電車でわずか10分の「見知らぬまち」。北陸道米山ICからわずか2分の「見知らぬまち」。8席しかない「もく」は、その中の「心地よい私の避暑地」、ならぬ皆様にとって仕事を忘れる「私の避〇地」になると思います。いよいよ29年正月に晴れて飲食店営業を目指します。ぜひ、電車で旅して来てください。JR笠島駅下車、徒歩1分です。(ちなみに妻は喫茶店を目指していて、残念ながら居酒屋ではありません・・・)
b0067795_00338.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-12-18 00:05 | Trackback | Comments(0)

海の恵み

 日曜で晴天で久々の凪。これからの季節、こんな偶然は、めったにありません。必ず魚が釣れると、張り切って海へ出かけました。釣果は写真のとおり。例年ほどの大漁とは言えませんが、今年の不漁を考えると、十分な大漁です。大きなサワラは72cm、2kgとベストサイズに近いものでした。何度も引き込まれ、あの鋭い歯で糸が切られそうになり、それを耐えながら手繰り寄せるのが、釣りの醍醐味です。クーラーボックスから尻尾がはみ出る大物に、近所の人も一緒に喜んでくれました。サワラは「もく」特製の味噌漬けに、イナダはお刺身にして、友人におすそ分け。
 魚は、釣り人も、近所の人も、友人も、みんなを笑顔にしてくれる、まさしく海の恵みです。
b0067795_21183043.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-12-04 21:28 | Trackback | Comments(0)

柏崎リーダー塾

 午後から第二期柏崎リーダー塾の研修報告会へ、妻と一緒に行ってきました。このメンバーとは、以前に笠島地区をまち歩きした際にガイドを務めました。各企業や行政から参加した中堅社員が、柏崎の地域振興をテーマに1年半かけて、検討し、実践した内容を報告するものです。皆が口々に話すのは「私たち自身が柏崎を知らない」ということです。そういう私自身も、新潟から柏崎へ戻ってきたのは、40歳過ぎてからですから、それからあちこち調べて、北國街道や、よろんごの木義経弁慶伝説北前船の四爪錨など、今にたどり着いた訳ですから。
 話が逸れました。今日の発表会は、塾生たちが、地元高校へ出向いて自らの仕事体験を話す出前講座をやったり、海を電車と徒歩でめぐるモデルコースを考えたり、海で釣りをして魚を食べたりと、楽しいメニューを発表してくれました。このような人材育成の仕組みを柏崎に作ったのは、すばらしいことです。これからも是非、続けてほしい取り組みです。発表を聞いただけでも、柏崎が元気になる気がしました。
b0067795_20221916.jpg
b0067795_20223120.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-12-03 20:22 | Trackback | Comments(0)

床わらび

 昨日は、隣組の慰安旅行。といっても高齢者が多いので、車で15分程度の「柿崎上下浜温泉ハマナス」。飲んで歌って、温泉に入って、元気いっぱいになりました。先週の燃え尽き症候群も一機に回復。ただ、一緒に行った友人が、「娘よ」を歌って涙してしまって。来春に娘さんが嫁ぐことが決まったので。この症候群は伝播するようですね。
 写真は、ご近所の方から分けて頂いた「床わらび」。さっそく鉢に植え替えました。正式名称は「フユノハナワラビ」。秋枯れの里山に咲く、大切な緑です。
b0067795_10502699.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-11-27 10:51 | Trackback | Comments(0)

とまどい

 結婚式から4日目。燃え尽き症候群のようで、ボーッとして仕事もままならない状況でした。これは、いかん、と日々の生活を取り戻そうとしていますが、体がついていきません。その日やるべき事を一つ一つこなすことが、回復への早道のようです。勤労感謝の日ですから。
 今日やるべき事は、朝のビン、缶資源ごみ出しと、妻の車の冬タイヤ交換。施設にいる母親の送迎もあります。朝見ると米山も真っ白になっていました。雪が近い証拠です。
 写真は、ごみ出しの帰りに立ち寄った鎮守様。突然、銀杏の葉で覆われた世界に、どうしようかと、とまどっている姿に見えたので。
b0067795_11245536.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-11-23 11:26 | Trackback | Comments(0)

旅立ち

 今日は、娘の結婚式でした。優しい新郎と、温かいご家族に包まれて、とても幸せを感じる結婚式でした。親バカでしょうか。「縁(えにし)」というものでしょうか、日本中の大勢の人の中から、特別な人と出会うこと。どういう仕組みで人と人が出会い、付き合い、愛するようになり、結ばれるのか。親でありながら、正確な答えを教えられなかったのに、娘は自分の力で愛する人と出会えたようです。
 涙することはない・・・と気丈にいたのですが、最初から・・、最後も・・泣いてしまいました。人は嬉し泣きと言いますが、自分でもどんな感情だったのか説明できません。この後ろ姿を見ても、幸せいっぱいなのに。
b0067795_200852.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2016-11-19 20:04 | Trackback | Comments(0)