2017年 03月 26日 ( 1 )

海から見える米山峠

 市外からお見えになられたご家族連れのランチのお客様が、お帰りになり、ほっと一息ついたところです。午前中は、道路の通行のじゃまになっている雑木を、町内会のメンバーで伐採、片づけの仕事がありました。外仕事が始まると、ようやく本格的な春が来たことを実感します。海釣りも、これから期待できる時期なので、楽しみが増えます。
 写真は、先日ご紹介した尾崎紅葉「煙霞療養」に描かれた8つのトンネルのうち、笠島~米山間です。米山駅は旧名が鉢崎(はっさき)、上杉謙信の時代には「八崎」と記述されているので、これらの岬が地名になっていたのでしょう。
 岬が折り重なり合うように、手前の岬の5号トンネルから順に、4号、3号、奥の岬が聖ケ鼻で2号、1号トンネルです。「うるさい蠅のように次々と現れる」と表現された様子がわかるかと思います。
b0067795_13241766.jpg

[PR]
by kurosakiH | 2017-03-26 13:28 | 北国街道・笠島の歴史 | Trackback | Comments(0)